即日融資 今すぐ借りれる銀行カードローン

銀行カードローンの審査の特徴を簡単比較当サイトで審査を通過して最短即日借入!

 

銀行のカードローンって即日融資に強いって知ってました?即日融資っていうと難しいですが、要は、すぐにお金を借りることができるわけです。しかも、相手は銀行なので、借りるこっちとしても安心安全です。暴利な利息をとるわけがないので、比較的おおめの金額を借りても、法定金利内で無理なく返済することが出来ると思います。

 

最近では、セブン銀行などのネットバンクやジャパンネット、ソニー銀行などネット専用の銀行も増えてきましたし、お金を貸してくれる銀行は大手だけじゃないんですね。審査がなかなか通らないという人でも、最速の即日借りられる銀行というのはわりとあるものです。最短で即日、しかも主婦やバイトでもOKというところもあります。これは、定期的な収入がある場合に限りますけどね^^

 

100万以下の借入、たとえば、10万、20万、30万ぐらいだったら収入証明書がいらない楽天銀行のようなネットバンクもでてきましたからね。スマホからも簡単に借りることもできるようになってます。また銀行のカードローンは、総量規制対象外でもあるので、アコムやレイクといった消費者金融から借りるときよりも貸付条件がゆるいこともしばしばあります。

 

即日カードローン比較・申込はココ
今日借りれる当日融資カードローン

 

子供のためのゴルフセットとゴルフのプライベートレッスンにお金を使って

先日私は、主人とお金の価値観の事で、ケンカになりました。主人とケンカになったもともとの原因は、息子にゴルフクラブのセットを、私に相談なしで買い与えたからです。さらに、主人と息子のための、ゴルフのプライベートのレッスンの契約もゴルフスクールでしたということで、一日に10万円ぐらい一挙に使ってしまいました。10万円をいっぺんに使ってしまった主人の言い分は、ゴルフクラブのセットを買ったり、ゴルフのプライベートレッスンを受けることができるお金があるのだから、何も問題がないはずだということで、他のところで無駄使いをしないで、10万円分のお金を後で節約すればいいじゃないかということでした。私の言い分はというと、二人目の子供が生まれたときに、私が仕事を辞めたので、昔の共働きの時のようにお金に余裕があるわけではないのだから、あまりお金を使わないほうがいいんじゃないかというものでした。私は、子供の面倒を頑張ってみていますが、今外で仕事をして、たくさんの収入を得ていないという引け目があり、頑張って主人の分もお金の節約をしようとしています。結局、主人もあまり外で外食をせず、飲むときも家で飲むようにして、あまりお金を使わないようにしています。二人で頑張って、お金の節約をしようということになりました。

お金は信用の貸し借りなんです!

"彼とはちょくちょくお金のことで揉めます。

私は彼にお金を借りることはありませんが、彼は気軽に誰でもお金を借りようとします。

 

ある時彼が私に2000円貸してというので貸しました。
私はお金の貸し借りが大嫌いなので、いつ返す?と聞くと「んー来月には返せる かな?」と彼が言いました。
なので私は次の月に彼が返してくるまで待ちました。

 

そして次の月に彼は返してくれるどころか「ちょっと待っててね」の一言もないのです。
これには頭にきて、彼に「お金いつ返してくれるの?」と聞くと、
「来月かな?」と言うので、「先月返すっていったのに、今月返せないなら「ちょっと待ってね」の一言くらいないの?」と私が言いました。

 

すると彼は「2000円くらいの金でガタガタ言うなよ!返すって言ってるんだから」と言うのです。
信じられなくて「人からお金借りたら、返せないときは申し訳なさそうに待ってくださいっていうのが常識じゃないの?」と言うと
「俺は金を貸す時は返ってこなくていいって思って貸すから別に、そうは思わない。むしろ返せ返せ言うほうが見苦しい」などと言うのです。

 

私は本当に頭にきてしまい、怒鳴りながらまくし立ててしまいました。

 

「あなたはお金をあげたつもりで貸すのかもしれないけど、他の人はそうじゃない人のほうが多い。
お金を借りるって言うことは信用を担保に借りるのと同じだ。あなたは信用を捨ててるんですよ?
しかも人に借りといて、その態度はなんですか?」

 

そういうと彼は、ふてくされて黙りました。
その夜、彼はお金を返してくれましたが「来月じゃないの?」と聞くと「お昼ご飯我慢するからいい」と言っていたので
一応反省したようなので良しとしました。

 

今は別れてしまった彼ですが、今もどこかでお金を借りてるんだと思います…。"

 

子供の教育費に散財してしまった経験

 

昨年は子供の大学進学準備のための教育費が、まさに湯水のごとく出て行ったという感じの年でした。
まず、昨年年明けには年明け集中講座、そして春休みの講習会がたっぷり1ヶ月。ダメ押しに夏期講習会と、とどまる事を知らない
塾の費用の捻出に明け暮れた一年でした。

 

我が家の子供は成績があまりかんばしくないのにもかかわらず難関大学に憧れを持ち、そのために低い偏差値をかなりの高偏差値へ
あげるために塾通いはどうしても欠かせないものでしたので主人も、しぶしぶ出資していましたが今振り返ってみるとその教育費の
合計が目が飛び出るようなものだったのでかなり後悔しています。

 

とにかく、だらだらと塾通いを長い休みの間にさせたことがちょっとムダであったのではないかと反省しているところです。
塾に通っているというだけで本人も安心してしまうところもあったのでしょう、自宅では友達とメールのやりとりやパソコンゲームに
没頭してしまい、しっかりと勉強していない感じでした。ですので塾だけに頼らず、もう少し講習会の参加を減らして自宅での学習もきちんと
計画的にやらせることで出費が抑えられたのではないかと思っています。

 

これからまだ大学費用を捻出しなければならないので、無計画な昨年の塾の総費用は少々痛いものとなりました。

更新履歴